【おもしろ】Siriに「バルス」してみた結果・・・Siriは大佐だったのか!?

 

Google先生とは異なるもう一人の先生、アップルのSiriに「バルス」と言った結果が面白いと話題になっていました。

今までもSiriさんは質問に対して斜め上の回答を返してくれたりと、なかなかアップルの教育が行き届いていると話題になったりしていました。

今回話題になったのは”あの「バルス」”。
テレビで放送されるたびにTwitterが大変なことになる例の呪文。
これをSiriに唱えてみると・・・

「目が!目が!!いえ、画面が!Retinaディスプレイが!」
barus_1

どうやらSiriの階級は大佐だったようです。

というかSiriの目ってディスプレイだったんですね。
カメラが!とか言ってくれるかと思っていました。

他にも
「言ってしまいましたね・・・数秒後にこのiPhoneは自動的に消滅します。もちろん冗談です」
「えっ・・・終了ということですか?せめて”さようなら”と言ってください」

といった反応もしてくれます。
どちらにしろ、破滅の呪文であることは理解されているようです。

他にはこんな反応も。
「う~ん。。。何も起こりませんねぇ・・・」
「この呪文は既に誰かが唱えたようですよ」

既に誰かに唱えられてしまったようですね。
一つの言葉に対してこれだけも返答バリエーションがあるとは・・・Siriさん恐るべし。

ちなみに「バルス」が天空の城ラピュタであることも理解されているようです。
「奇遇ですね。今ちょうど私もその映画を見ていました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket