これ誰に見える!?視力によって見え方が変わる写真

 

早速ですが、この写真、誰に見えますでしょうか?
HybridImage

実はこの写真、見る人の視力によって誰に見えるか変わると評判の写真です。
眼鏡をかけている人は、眼鏡のあり・なしで見える人が変わります。
実際に著者も眼鏡をかけたときとかけてないときで試してみたのですが・・

おおぉ!!!本当に違う!!

眼鏡をかけているときはアインシュタイン、
眼鏡を外すとマリリンモンローに見えます!!

この絵は近視だとマリリンモンローが、そうでなければアインシュタインが見えるというもの。
アイン主体が見えるという人もより目がちにするとマリリンモンロ―が見えるという人もいるようです。

この写真の正体はハイブリットイメージと呼ばれる合成写真です。
人の目は近距離だと輪郭がはっきりしたものが見え、遠距離だと輪郭のぼやけたものが見えるという性質を利用しています。
ぼやけたマリリンモンローと、はっきりしたアインシュタインの画像を合成することにより、近視の人(ぼやけて見える)はマリリンモンローが、そうでない人(はっきり見える)はアインシュタインが見えるようです。

どのように見えるかは個人差がある為、距離を置いてみてみるなどすると両方の画像を見ることができるようにまります。
ネタが判れば納得できますが、なかなか興味深い画像ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket