【おもしろ】前方不注意で転ぶ人をシミュレーション。とりあえず痛そうということだけはよく判る

 

前方不注意で転んだ人のシミュレーションが面白かったので紹介します。
動画では物理エンジンを使ってシミュレーションされています。

・・・別に物理エンジンじゃなくてもいいのでは?と思ったら負けです。

まずは道に歩いている鉄球に躓いたケース。
顔面から地球と愛しあっています。
とりあえずメチャクチャ痛そうです。
huchuui_1

続いて看板とこんにちはのケース。
huchuui_2
顔面ヒット、からの後頭部強打のコンボです。
実際にやったら多分救急車コースです。

勢いをつけすぎると、慣性の法則によってぶつかっても身体は前進します。
ツケを払わされるのは後頭部。
思いっきり地面で擦っているのが判ります。

他にも歩道橋から落ちてみたり、自転車で電柱にぶつかってみたりしています。
もう痛い予感しかしない。
huchuui_3

だんだん転び方が過激になって行き、最初の鉄球なんて可愛いもんだと思えるようになってきます。
とりあえず、痛そうなので気をつけて歩きましょうということだけはよく伝わってきます笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket