【完全に不意打ち】「生き生きとした心」とGoogle先生に聞いたら予想の斜め上だった件

 

Google先生に「生き生きとした心」と聞こうとしたら予想のナナメ上すぎる回答が返ってきたと話題になっています。

ヌバーン
nuban_1

さすがGoogle先生、回答が完全に意味不明です。
なんだ「生き生きとしたこんにゃくをタイル製の床に叩きつけたときの音」って!?
しかし、Google先生もヌバーンだけでは意味不明と思ったのか、わざわざ括弧付きで状況の注釈を入れてくれています。

 

ヌバーンという初めて聞く擬音
こんにゃくをタイル製の床にたたきつけるという謎のシチュエーション

もはや完全にあなたの知らない世界がそこに広がっています。

 

ここでちょっと脇道にそれてSEO的なお話。
Google先生のサジェスト機能は大まかに言うと一定数検索された語句を教えてくれるものです。
つまり、Google先生がサジェストするということは、相当数の人が検索したということ。
いったい誰がこんな語句を検索してるのか気になります。

さらに問題なのは、サジェスト機能にでてくる、イコール対応するサイトが存在すると言う事です。
つまり、ネットの海のどこかで「生き生きとしたこんにゃくをタイル製の床に叩きつけ」て、「ヌバーン」しているサイトがあるということです。

誰だよ、そんなことしてるのは・・・

元ネタを探ってみようとしたら、既に探されている方がいました。
それによると、2006年の2chが元ネタとのこと。
どうやら面白い効果音を書き込むスレのようです。
まさか10年経って発掘されるとは・・・

元ネタまとめはこちら

ネットでやたら盛り上がっている「ヌバーン」。
今ならGoogle先生に「ヌ」と聞くだけで「ヌバーン」がサジェストされるまでになっています。
nuban_3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket