【おバカ】スマホゲーム「The 土下座」がアホすぎて笑える

 

日本の文化(?)の土下座。
謝るときの最終奥義として名高い土下座がゲームになっていました。

その名も「The 土下座」。
そのまんまですが、怒り狂った上司に土下座をするゲームです。

ゲーム内容は超カンタン。
画面の赤い床の部分に頭をこすりつけて謝る(土下座する)だけ。

ただし、土下座する側に奇行癖があり、簡単には土下座してくれません。
まずは土下座する角度と、土下座に対する誠意(パワー)を決めます。
dogeza_3
画面左上が土下座角度、赤いメーターが誠意です。
これらを決定した後に「土下座」ボタンを押すと

申し訳ありませんっ!!

と叫びつつあらぬ方向に飛んでいくプレイヤー。
dogeza_2

赤い床の部分に頭をつけないと土下座したことにならないので要注意です。
土下座する前に上司(灰色の人)にぶつかると怒られて「仏の顔」が1つ減ります。
この仏の顔が0になるとゲームオーバーです。

上司の位置と赤い床が毎回ランダムに動くので、土下座角度と誠意をコントロールしてうまく土下座しないといけません。
ちなみにこのゲームの醍醐味は上司のセリフ。

土下座に失敗して上司にぶつかると
「無期休暇をくれてやろう」
「退職金は自腹だ」
「話は法廷で聞こう」
など辛辣な言葉が飛んできます。

なお、誠意(パワー)が足りないと「誠意が足りん!」といって怒られて仏の顔が減っていきます。
よって常に誠意70%以上は必須です。が、誠意がありすぎると、あらぬ方向に吹っ飛びやすくなるというジレンマが・・・
特にクセモノなのが土下座の条件。
”赤い床に頭がつくこと”で土下座とみなされるのですが、誠意がありすぎると頭が床に着かずに上司に激突するという事故が多発します。

また、誠意100%で壁向かって飛ぶと、壁にめり込みます。
それでも上司は
「帰るぞ・・?」
としか言ってくれません。

どれだけ嫌われてるんだ、この人・・・

謝ることそっちのけで上司との掛け合いが楽しめるThe・土下座はiPhone、Androidで無料で遊べます。
一定得点を獲得すると、新しいモードが解放されるので頑張って土下座してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket