【おもしろ】ゾンビシミュレーターでゾンビの怖さを試してみた。ゾンビがヤバいことがよく判る

   2015/12/15

ホラー映画と言えばゾンビというくらい人気(?)のゾンビ。
アウトブレイクが起こって街中ゾンビだらけなんて話はよくあります。

では実際に街中でアウトブレイクがあったらどうなるか?
それを試して見れるのが「Zombie Outbreak Simulator」です。

世界中の都市でゾンビが発生したらどうなるのか?を実際にシミュレーションすることができます。
ちなみに、プライヤーは弾数無制限のハンドガンと12発のショットガンを持っています。

今回はドイツのミュンヘンでシミュレーションしてしみました。
zom_4
スタート直後。
市民1000人、ゾンビ約300体です。
緑色の影は市民、赤はゾンビです。

ゾンビは市民を倒して増えていきます。
zom_1
すぐに市民の数とゾンビの数が逆転。
障害物を利用してゾンビの侵入口を制限しつつ応戦します。

zom_2
近隣に市民がいる間は潜在的にゾンビに囲まれる脅威が残ります。
あまり他の市民の群れに近づかない様に気をつけながらゾンビを撃退します。

市民の数が減るにしたがってゾンビの増加数も低下してきます。
ここを凌げばなんとか・・・

zom_3
近隣のゾンビはあらかた倒したので他の場所にいるゾンビを狩りに行きます。

今回は割とうまくいきましたが、ひらけた場所ではまず防ぎきれません。
1体倒す間に2体が距離を詰めてきます。
囲まれるとあっさりやられます。
囲まれてなくても、その辺に倒れている人がゾンビとしていきなり復活して、包囲されることもあります。

実際には弾数無制限なんてチートはできませんので、実際にゾンビにあったら逃げるしかないことがよく判ります。

Zombie Outbreak Simulator

ちなみに日本では東京、大阪、福岡、名古屋、京都、広島などを舞台にシミュレーションできます。
福岡の大濠公園が難しすぎます・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket